お役立ちコラム

9月08

シャルールホームの目指す姿

Categories // お役立ちコラム

こんにちは! 福井県福井市のシャルールホームです。

先日はシャルールホームの家づくりへの想い、基本理念についてお話ししました。
本日はもう少し踏み込んで、私たちが目指す住まいについてお伝えしたいと思います。

私たちが住まいに必須と考えるもの。それは、「安全」と「安心」。
安全で安心な住まいを実現するためには、「仕様」と「性能」について考える必要があります。

家づくりで重視すべきは、なんといっても『耐震性』。
家は、万が一の場合にご家族の命を守るシェルターであり、避難所でなければなりません。

そのためには、建築基準法で定められた「耐震等級1」では不十分であると考えます。
ご予算との兼ね合いもありますが、「耐震等級3」を装備することをおすすめします。

そして、『気密性』と『断熱性』。
気密性と断熱性を高めることは、住む人の快適性が向上するだけではありません。住む人の健康や安全を守ることにもつながります。
中途半端に断熱性を高めた家は風通しが悪く結露しやすくなるため、カビやダニの発生、木材の腐食を招きます。
その結果、アレルギーやシックハウスを発症したり、建物の強度が低下したりということが起こります。

 


シャルールホームがこだわる『素材』にも、さまざまな配慮が込められています。
漆喰や珪藻土を仕上げに使う住宅会社は少なくありませんが、その多くは下地や接着剤に化学物質の添加されたものを使用しています。
敏感な方であれば、そこからアレルギーやシックハウスを発症することもあるのです。
シャルールホームでは隠れてしまう下地や接着剤にもこだわり、標準仕様として自然素材を使用しています。

また、珪藻土には湿度が高くなると湿気を吸収し、乾燥すると吸った湿気を吐き出して、室内の湿度を適度にコントロールしてくれる調湿作用があります。

室内の湿度を一定に保つことは、結露を防止してカビやダニの発生を抑制するとともに、体感温度を一定に保つことができるので室内における熱中症やヒートショックのリスクを抑えることにもつながります。

シャルールホームでは珪藻土の調湿効果に着目し、一般的な珪藻土の約4倍(!)の調湿性能をもつ「稚内珪藻土」を採用。
この「稚内珪藻土」をはじめとする、当社こだわりの素材については、後日またじっくりとお話させていただきます。


|お知らせ|
強風による建材の飛散や落下で、隣家の建物や車に傷をつけてしまうという保険適用外の事故が、全国的に多発しています。
現在、シャルールホームでは台風による被害を防止するための建物事前点検を無料で実施しています。
ご希望の方はシャルールホームお客様窓口までお問い合わせください。

 

9月02

お財布とからだに優しいシャルールホームの家

Categories // お役立ちコラム


こんにちは! シャルールホームです。

当社は福井市渕にある地元工務店。
福井市、坂井市、鯖江市、丹生郡を中心に、福井県内各地で注文住宅の新築やリフォーム・リノベーションを行っています。
「はじめまして」の方もいらっしゃるかと思うので、本日は私たちシャルールホームの“住まいに対する想い”をお話ししたいと思います。
シャルールホームの基本理念は、『お財布とからだに優しい家づくり』。

お財布に優しいと聞くと、「ああ、ローコスト住宅ね」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ただ価格が安いだけではありません。
シャルールホームの家は最高レベルの自然素材を使用した、「からだに優しい」住まいです。

さらに、ご家族の命と生活を守るための耐震性や、居住性・快適性を高めるための断熱・気密など、性能面へのこだわりも徹底しています。

だけど、お財布には優しい。

地域密着型、紹介率90%以上のシャルールホームでは、ほとんど広告宣伝費をかけていません。
経費の中で最も大きな割合を占めるといわれる人件費も、社長を筆頭とする少数精鋭のスタッフで最小限に。
だからこそ、大手ハウスメーカーに負けない性能を備えた家を、誰もが手の届く良心価格でご提供することができるのです。

それが、シャルールホームのお財布とからだに優しい家づくりです。

住みたい場所に
住みたい家を
安心と余裕をもって

『良い生活環境で』
『良質で価値ある住まいを』
『家族の笑顔のために』

これが、代表である吉村の想いであり、シャルールホームの家づくりの原点です。


ある程度お任せいただけるのであれば、1,000万円台からの新築も可能。
シャルールホームの「お財布とからだに優しい」住まいのお話を、ぜひ一度聞きにいらしてください!
お電話またはメールにて、お気軽にご連絡くださいね。

■お客様窓口 0120-32-5861
■メールフォーム https://chaleurhome.co.jp/index.php/contact


|お知らせ|
強風による建材の飛散や落下で、隣家の建物や車に傷をつけてしまうという保険適用外の事故が、全国的に多発しています。
現在、シャルールホームでは台風による被害を防止するための建物事前点検を無料で実施しています。
ご希望の方はシャルールホームお客様窓口までお問い合わせください。

11月15

ぜんそくの話 その③

Categories // お役立ちコラム

前回までのお話しで、ぜんそくにはアレルギー性のものと非アレルギー性のものがある事、小児ぜんそくではアレルギー性のものが多い事などを書きました。

アレルギー性の小児ぜんそくは、思春期になるにしたがって改善する傾向にあるようです。これは成長にともなって、アレルギー体質が改善されるいくからだと考えられているからです。ですが、ぜんそくには死亡例もあることもあり、何の治療もしなくていいわけではありません。

 

ぜんそくの対処法としては投薬が原則となりますが、お家の環境も大事です。

 

 

アレルゲンとして最も多いダニのすみかとなりやすいもの(カーペットやじゅうたん、布製のソファーなど)はなるべく置かないようにします。

動物の毛はそれ自体がアレルゲンになりますが、ダニが増える原因にもなるので毛や羽根のある動物を飼うのは避けた方がよいでしょう。

布団や枕は天日干しして、掃除機をかけましょう。

見落としがちですが、エアコンのフィルターはいつもキレイにしておきましょう。

観葉植物は湿気がたまりやすいので置かない方がよいでしょう。

 

私たちシャルールホームではその他に、家でぜんそくを予防・緩和できないか?を考えています。

もし、ダニやカビがいない家だったら…

もし、お家が湿度を調整してくれたら…

もしかしたらお子さんのぜんそくが今より少しラクになるかもしれません。

お母さんのお掃除が今より少し大変じゃなくなるかもしれません。

もしかしたらお子さんがぜんそくにならずに成長してくれるかもしれません。

 

ぜんそくのお子さんをお持ちのご家族様

ぜんそくにならない方がいいなあと思っているご家族様

シャルールホームに相談してみませんか?

 

ぜんそくの話 終わり

 

1000万円台で建てる健康で安心・安全な家

シャルールホーム

お財布とからだにやさしい家づくり

11月02

ぜんそくの話 その②

Categories // お役立ちコラム

ぜんそくの方の気道は炎症により過敏になっているため、わずかな刺激でも発作がおこります。

原因は様々ですが、種類としてはアレルギー性のもの(アトピー型)と、非アレルギー性のもの(非アトピー型)とがあります。

お子様のぜんそく(小児ぜんそく)では、アレルギー性のものが多い傾向にあります。

主なアレルゲンは、ダニやカビ、ハウスダストやペットの毛などがあります。

非アレルギー性のものとしてはタバコの煙や過労・ストレスなどがあります。

 

 

アトピー型のぜんそくでは、特定のアレルゲンと接触すると炎症反応が起こり、

気道が狭くなって発作が起こります。

ぜんそくの発作は、多くの場合、夜間や早朝にかけて咳・喘鳴ではじまります。

また運動によって誘発されることもあります。外出時の慌ただしい時や、バスに乗り遅れないようにバス停に急ぐ時など、ストレスがかかった時にしばしば症状が強くなります。小児の場合では、布団で遊んでいる時に布団のなかのハウスダストが飛散して発作が誘発される事があります。

 

ぜんそくの発病や発作の発症を予防するには、何よりも原因となるものを排除することが重要です。身の周りのアレルゲンをできるだけ減らして発作がおこらないように気を付けましょう。

 

ぜんそくの話 その③へ続く

10月13

ぜんそくの話 その①

Categories // お役立ちコラム

日本では、ぜんそくの患者さんが増えており、1960年代では幼稚園・小学生では0.3%、中学生・高校生では0.08%程度だったのに対し2016年度ではそれぞれ3%前後までに増加し、全体では400万人を超えています。

 

 

これは健康意識の高まりで診断をする人が増え結果喘息持ちであることが判明したという事も一因としてありますが、家屋構造の変化によるアレルゲンの増加、排気ガスや工場排煙などによる大気汚染、食品や住宅建材などの化学物質、長時間勤務による過労やストレスが増えたこと、清潔すぎる環境などが原因のひとつと考えられています。

 

ぜんそくは気道に慢性的な炎症が起こっている病気です。

 

 

ぜんそくの人の気道は、症状がない時でも常に炎症を起こしており、健康な人に比べると気道が狭くなっていて空気が通りにくくなっています。炎症が起こっている気道はとても敏感になっていて、わずかな刺激でも気管支周囲の筋肉が縮み、内側のむくみも増すため空気の通り道がふさがれるので呼吸が苦しくなります。

また空気がせまいところを通るので、息を吐くときに「ゼーゼー」「ヒューヒュー」します。これがぜんそくの発作です。

 

ぜんそくの話 その②に続く

 

1000万円台で建てる健康で安心・安全な家

シャルールホーム

お財布とからだにやさしい家作り

10月05

住まいと健康

Categories // お役立ちコラム

こんにちわ!シャルールホームです。

住まいと健康と聞いても、何?関係あるの?と思うカモしれません…

でも…もしかしてかわいいお子さんの健康を住まいで解決出来たなら…

そんな事を少しずつ書いていけたらと思います。

よろしくお願いします。

<<  11 12 13 14 15 [16


〒918-8026 福井県福井市渕2-1810 株式会社総和ハウジング
質問・ご意見・お問い合わせ、資料請求等、お気軽にお寄せ下さい。
また、お電話やFAXでのお問い合わせも承っております。
TEL:0776-33-5861
FAX:0776-33-5862
月〜金 9:00〜19:00
土・日 10:00~17:00


〒918-8026 福井県福井市渕2-1810 株式会社総和ハウジング
質問・ご意見・お問い合わせ、資料請求等、お気軽にお寄せ下さい。
また、お電話やFAXでのお問い合わせも承っております。
TEL:0776-33-5861
FAX:0776-33-5862
月〜金 9:00〜19:00
土・日 10:00~17:00